スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劣等感」「習性」「比較能力」「脳」「愛」 「愛を出せない人は、まず淡々とやれば良い」1.

素敵な言い方ではないけれど、

地球人界には、劣等感が一杯です。

何時から人間界に劣等感というものが現れた

のでしょうか?


人間の初期の初期を探ろうとすると、

今の時代はまだ、宗教っぽい、と思われる。

宗教を嫌がる人は、あきれるか、耳をふさぐ。

又、霊的なことに、はまりすぎて依存している人は

在家しながら、山にこもり状態になったり、、、

とりあえず今回は、

初期の初期の探りは、置いておきましょう。

(^-^)



劣等感。 それは色んなきっかけで人の頭に発生する。

劣等感を持っている人の中には、自分は劣等感なんか

持ってはいない、と思っている人も沢山います。


「親」が子供に劣等感を与えた、

このケースが多いと言われています。


親が子どもの幸せの為、と称して、

もっと頑張れもっと頑張れ、それじゃだめでしょ、

馬鹿だねこの子は。〇〇ちゃんを見なさい、

あんなに良くできてるのに、なぜあなたはできないの?

とろいなあ、おまえは。何だその食べ方は、汚いなあ!

また忘れたね、何度言っても、はー(ため息)。


体罰でなくとも、言葉の暴力、

親のガッカリした顔、怒った顔、悲しい顔、etc、、、

そういうことが、知らない間に子どもに劣等感を与えている。


親の他には学校の先生や、近所の大人、友達、

色々いますが、極めつけは、 親でしょう。


親は、子供の為に、と思っていってるから、

やっかいです。


でも、よくよく親(又は親でなくても)の深層を

さぐってみると、

(良い機会なので、貴方様自身のことも(親でなくても)

探ってみましょうよ☆)


自分の劣等感、うっぷんを、子ども(又は部下とか)に向けて

晴らそうとしていませんか。


もし子供(又は部下)が複数いたら、その中で

一番弱そうな子、又は、自分が過去にやられた時と

似た状況に立っている子を、無意識に選んで、

やりこめているんです。

その子が上手くできないとイライラして、

爆発するか、ねちねち何時までも言うか。


その親も過去に自分の親から

やられているんです。

そしてその親も。そのまた親も、、、。


もしその子が上手くできたら、

(劣等感を持った)親は、

もちろんその子にとっても良かったとは思う

だろうけれど、


自己が、満足してるでしょう?


親として当たり前といえば言えますが。

「さすがわたしの子だ!」なんてね。(^-^)

子どもが良い成果を挙げたとき、とても可愛い。

でも良くない成果を出した時、失敗した時、

残念な思いは湧くが、でもそんなことは関係なく、

我が子は、可愛い!

結果なんてなんでも、いつも貴方が大すきだよ!!

っと思えていたら、ヘルシーですよね☆


まったく、あの子は、はー(ため息)、という人は、

うーん、、、自分を分析する良いチャンスかも。


いらぬ重荷(劣等感)を下ろして、

子供にそれを受け継がせないで、幸せになる

気づきのチャンスが来ている、ということかもしれません。


つづく


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

☆ご挨拶☆
こんにちは、ハナブキと申します!自然体で創作活動するキラキラオバサンです☆アメリカ生活で家族と魂の修行をテチテチしてます。最近の生活は、主婦業、執筆業、日本語学校の仕事、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、作画、走り歩き、バレーボール(今の所トスとレシーブだけ)を意識してやっています。他に趣味は、クラシックバレエ(を見る)、地球星の初期や超古代を探る事、身体の未知の部分を探る事、美容ですかね。ブログは中断していたんですが、もっと楽しいものを書けるようにガンバリマスね!
カテゴリ
Latest journals
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
40+∞才 1夫の妻 3児の母 アメリカ・カリフォルニア在住
 無(の近く)から出る愛を尊重し生活修行する地球人。創作活動をし続ける。子供の育成もサクサク楽しんでいる。

Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。