FC2ブログ

ハナブキの 宇宙の物語5.姿

ハナブキの 宇宙の物語1.現れる
ハナブキの 宇宙の物語2.記憶
ハナブキの 宇宙の物語3.古代の神々
ハナブキの 宇宙の物語4.成長
 
Hikari-no-ko


つづき



「ハナブキの 宇宙の物語5.姿」

(話の流れが時々前後しています)



大いなる大宇宙の大元の神は、



初め、‘弟’のサポートを受けながら、



人(天使)を生むための準備に、宇宙、星を用意した。



そして初めて創造した(生んだ)人(天使)は、



はなはだ良く、複数生んだ。



‘弟’は寂しさから嫉妬を感じるようになり、



神の子達の中で、代表的存在の一人を、



自分(弟)のものにしようと誘惑し、



‘うばった’。



‘弟’のみならず、弟の誘惑でなびいた天使は、



罪悪感が生まれ、大元の神に対して後ろめたさ



を感じるようになる。



兎に角、天使達も、成長過程をいく。



地球に来た地球人の元の存在、、、、



天使、代を重ねて、神々に。



(地球の古代人たちが、天から舞い降りて、



自分達にない力を持つ存在を、神々と



理解した)



古代の遺跡には、地球の人間とは思えない



存在の姿がたくさん残っている。



当時の古代人たちの、イマジネーション画と



解釈したくなるが、当時の人間は本当にそのような



イマジネーションのアートを考え付いただろうか?



見たものを描いた、と考えたほうが、



自然ではないだろうか、、、。



又、古代ギリシャ彫刻には興味深い事実がある。



美しい女性の像だとされていた姿は、



太い首、たくましい腕や足の彫刻も多い。



(ちなみに、ニューヨークの自由の女神も、



顔の造り、腕や足など見ても、たくましい男性像



としたほうが、しっくりいく気がする)



性別が、はっきりしないものが沢山ある。



オリンポス十二神の系図をみると、



途中で性別を変更している神々もいる。



男女の元(性別を決める以前)の姿。



中には、胸もあり男性の生殖器もついている、



両性体のものもある。



両性の人型の遺跡は、色んな国で見つかっている。



最近日本でも見つかっている。



又ギリシャ彫刻には、



ほぼ同じ足、ほぼ同じ腕、傷やしわまで同じ、



ほぼ同じ部位が、違う彫刻に見られる。



時代のかなり離れた作品でも、細かい部位を精査すると、



この作品とあの作品が、殆ど同じ、というのが



沢山あるそうだ。



あたかも、写真や3Dを活用して、



過去の作品の手足を、コピーして



創り上げたかのような。



ギリシャ彫刻は‘神々’が自分達を創った



という説がある。



人によっては、その‘神々’を、エイリアンと



解釈している。



つづく



(これは、瞑想、又多くの先生方のお話を



まとめて、勝手につなげて想像した、



ハナブキのひとりごとです☆)


~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

☆ご挨拶☆
こんにちは、ハナブキと申します!自然体で創作活動するキラキラオバサンです☆アメリカ生活で家族と魂の修行をテチテチしてます。最近の生活は、主婦業、執筆業、日本語学校の仕事、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、作画、走り歩き、バレーボール(今の所トスとレシーブだけ)を意識してやっています。他に趣味は、クラシックバレエ(を見る)、地球星の初期や超古代を探る事、身体の未知の部分を探る事、美容ですかね。ブログは中断していたんですが、もっと楽しいものを書けるようにガンバリマスね!
カテゴリ
広告エリア
*資格講座の授業をそのまま自宅に配信************************ *キャッシュバック賃貸 ************** *激安名刺印刷ならラクスル|100枚500円~********************** *お名前.com
Latest journals
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
40+∞才 1夫の妻 3児の母 アメリカ・カリフォルニア在住
 無(の近く)から出る愛を尊重し生活修行する地球人。創作活動をし続ける。子供の育成もサクサク楽しんでいる。

Link
安心な海外旅行ツアー選び
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog