ハナブキの 宇宙の物語9.中保

ハナブキの 宇宙の物語1.現れる
ハナブキの 宇宙の物語2.記憶
ハナブキの 宇宙の物語3.古代の神々
ハナブキの 宇宙の物語4.成長
ハナブキの 宇宙の物語5.姿
ハナブキの 宇宙の物語6.手探り
ハナブキの 宇宙の物語7.未来
ハナブキの 宇宙の物語8.三年一昔
 
Hikari-no-ko


つづき



「ハナブキの 宇宙の物語9.中保」



初めに言葉ありき。―――



大元の神が‘弟’を創り、‘弟’と共に、



人々(天使達、地球人にとって 神々)を創り、



その神々に一部担当させて、地球人を創った。



言葉(言霊・又は言魂)は、いつ創ったのか?



‘弟’と大宇宙を創る前に、言霊のシステムを、



神は既に用意していたと思う。



‘人’の体も心も脳もできる前に、



言霊のシステムを前もって用意し、



生命体達の成長に備えたのではないか。



地球人を創る前に、言葉はあった。



サルにはサル同士の言葉、



単純脳に対応する単純言葉を与えた。



そして神の創造物には全て、分け御霊がある。



動物には人と違い、もっとシンプルな??魂が。



霊界(天界)に行ってあの愛犬に会いたいと思っ



たら出てくるらしいので、動物にも魂的なものは



入っているということになる。



人間は、真我(魂)、心、脳、体、で出来ている。



まず言えるのは、



大元の神は、私達の真我と繋がっており、



言霊と繋がっている。



大元の神は、いわゆる神々と、私達と



繋がっている。




そして大元の神は、私達の脳とも繋がり、



心とも繋がり、体とも繋がっている。なぜなら、



全て、大元の神が創ったので。



地球人においては、真我を中心に、



真我と心、真我と脳、真我と体が繋がっている。



そして、言霊と脳が連動し、



脳と心が連動し、脳と体が連動



するように創った。



言霊と心、言霊と体、心と体も、二次的に??



連動する。



心(肉の心とでも言おうか)は、思考、



理性、感情を持ち、それは脳の中とも言える。



心と脳は、どちらが主体と言えるのか、



微妙なところだ。




疑問に思っていた事は、



神は、言霊という素晴らしい命のツールを



創ってくださっているのに、なぜ、今の時代でも



言霊のことを公にされないのだろうかと。



大昔から日本語の言霊のことは、聞いてはいたけれど、



常識的になってはいない。だから信じる人がまだ少ない。



人は大衆意識、常識が大きいので、言霊などと言うと、



特殊な目で見られる。



しかし、もっと早くにこの言霊のパワーを知っていたら、



もっと早くからもっと幸せだったのにと、思ってしまう。



それで、ふと思い出したのは、



ある宗教の教理の一部―――



メシアは神と人間の中保的存在だと。



メシアは、直接の神の御言葉が分からなくなっ



た人間に、それを伝える役をすると。



そして信徒たちは熱心に、メシアなる教祖の言葉を



神の言葉とし、重要視して生活する。―――



古代から色々な宗教が現れる。



地球に舞い降りた神々を、人間はフォローした。



時が経ち肉眼で神々が見えなくても伝統を守り、



波乱の世の中でも幸せになりたいから、



指示通りに生きようとする。



心のより所、又は、特別に恵みを受けたいと、



その集まりがふくらみ宗教になる、、、



と思っていたが――



実は宗教という存在は、



大元の神、又は神々が用意した



制御装置 ではないだろうか。



というのは、



神の似姿として創られた人間、その脳は、



無限に?発達可能な凄い道具なのだが、



真我は、まだ成長途上で未熟なので、



もし言霊をばんばん使い脳が凄い働きをしても、



悪人はその脳を悪に利用するかもしれないし、



悪い言霊を使い続けたら悪へ行き、破滅に至る。



だから言霊の事は、影で小出しにしていたのだろう。



未来へ言霊の事を言い伝えていかなければならないけれど、



大っぴらに言える段階に、まだ人間はきていなかった。



心で、愛、思いやりの大きさが充分か、



真我は充分成長したかが重要だ。



愛、思いやりが伴わないまま言霊の力に気づくと、



危険なので。



神と人間の中保。



真我と脳の中保。



言霊を隠したお宮、それが宗教では



ないだろうか。



悪に行かないように、約束事(戒律)を与え、



時代や地域、真我の成長程度を見て。



消化しきれない者には、「兎に角このお経を読めば良い」



と、はっきり説明しないでも、言霊で人間を守ってきたのだ。



あからさまにできる時が来るまで、



宗教でコントロールしていった、のではないか。




神は、隠し隠し、脳と連動する言霊を



示してきたのだ。



つづく



(これは、瞑想、又多くの先生方のお話を



まとめて、勝手につなげて想像した、



ハナブキのひとりごとです☆)


~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハナブキの 宇宙の物語10.

アメリカでスピリチュアルに生活 教育 創作活動 ハナブキの 宇宙の物語9.中保

コメントの投稿

非公開コメント

☆ご挨拶☆
こんにちは、ハナブキと申します!自然体で創作活動するキラキラオバサンです☆アメリカ生活で家族と魂の修行をテチテチしてます。最近の生活は、主婦業、執筆業、日本語学校の仕事、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、作画、走り歩き、バレーボール(今の所トスとレシーブだけ)を意識してやっています。他に趣味は、クラシックバレエ(を見る)、地球星の初期や超古代を探る事、身体の未知の部分を探る事、美容ですかね。ブログは中断していたんですが、もっと楽しいものを書けるようにガンバリマスね!
カテゴリ
Latest journals
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
40+∞才 1夫の妻 3児の母 アメリカ・カリフォルニア在住
 無(の近く)から出る愛を尊重し生活修行する地球人。創作活動をし続ける。子供の育成もサクサク楽しんでいる。

Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog