FC2ブログ

ハナブキの 宇宙の物語16.愛の搭

ハナブキの 宇宙の物語1.現れる
ハナブキの 宇宙の物語2.記憶
ハナブキの 宇宙の物語3.古代の神々
ハナブキの 宇宙の物語4.成長
ハナブキの 宇宙の物語5.姿
ハナブキの 宇宙の物語6.手探り
ハナブキの 宇宙の物語7.未来
ハナブキの 宇宙の物語8.三年一昔
ハナブキの 宇宙の物語9.中保
ハナブキの 宇宙の物語10.時と道
ハナブキの 宇宙の物語11.他界先
ハナブキの 宇宙の物語12.輪廻
ハナブキの 宇宙の物語13.約束
ハナブキの 宇宙の物語14.選択
ハナブキの 宇宙の物語15.習性

ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.

 
hikari-no-ko-3



つづき



「ハナブキの 宇宙の物語16.愛の搭」



大いなる大宇宙の大元の神は、全ての初め。



宇宙の創造前のことは、きっと言葉では



表現できないのだろう。



愛する対象として、森羅万象、



神の似姿で子どもとして、‘人’を創られた。



瞑想で無に近くなれば、神の愛が分かる、という。



初めに神があり、その有から私達はできているので、



瞑想しても、完全に無、ゼロにはなりえない。



瞑想で、神の存在以前の無になろうとすると、



息が苦しくなり、本当の無までは、たどりつけない。



苦しいので、そのうち大きく呼吸をする。



すると、どうだろう、目の前が明るくなり、



笑顔になり、希望と感謝の思いが沸く。



そして、「ああ、私達の中に神は存在するのだな。



みんなの中に存在するのだな。」ということが、



分かる。至福を感じることができる。



なんとも言えない安堵感に包まれる。



暫くすると、また普段の自分に戻ってしまうが。




神の子供達が、神の神性を受け継いで、成長し、



少しづつ神に近くなっていくことは、親なる神の喜びだ。



そして不可能に近いだろうが、親なる神は、子供達に、



親を超える人格者に成長して欲しいと、



普通に願っておられるのだろう。



純粋な親だから。




(繰り返してしまいますが) 創造時にサポーターとして



神の弟のような存在を最初に創った。



そして、天使達、多次元、星々の人達、



鉱物、植物、動物達、そして



星々を探索するアンドロイド達、



そして地球人達を創った。



皆それぞれに成長過程があった。これからも。



成長して、大元の神の子にかなりふさわしくなった



天使や星々(地球も含み)の人が、大元の神様の



弟子のような立場となり、私達を霊的にサポート



してくださるようになった。



私達の中の内神と言える魂(神様の分け御霊)と



それらの神々、そして大元の神様ご自身は



通じている。




霊界というものができた。



霊界は初めにできていたのか、



それとも地球人や他の星の人たちが、ある期間、



その星で生きて、死んだ後に(初期の人々が)、



必然的に霊界ができ、次の世代の人々も、



次々に、そこに入っていくようになったのか、、、。




多くの地球人は、その霊界とこの地球を、



何度も行き来するようだ。



未熟な魂の成長の為に行き来する。



この自分は唯一無二の自分とも言えるが、



霊界には‘大元の自分’がいるようだ。



そして今 自分と縁のある人々は、



霊界でも同じグループ?の人々だった可能性が高い。



同じような人が集まるからだ。



では、地上に生まれ変わって、以前会っていた人と、



お互いまた違った姿で今会っているのか。




‘大元の自分’の一部が生まれ変わる、、、。



今同時に、この自分の他に、同じ‘大元の自分’



である人間が、存在している可能性もあるという。



その人と会うと、とても懐かしく感じられる、、、



それはそうだろう(もしそれが本当なら)。



私達の現在の感覚では、消化しにくい話だが。




神様の分け御霊を頂いた‘人’は、どんどん良くなっている。



絶対なる愛の存在である神から生まれた私たちなので。



苦労とか試練とかを受け入れ乗り越えないと



成長できないと思うのは、違う。



それは、人間自身の責任域でつくり上げてしまったこと。



丸いものがここにあるとする。



丸くて良いね、と思うか、



丸くて不運だった、とおもうか、



又は、他と比べると、丸さが足りないから、もっと



丸ければ良いのに、と不満を持つか、、、。



それで、その先の道が少しづつ変わってくる。



その先で現れるものに対し、



ああ、やっぱりこれで良かった、感謝、とおもえば、



そこからまた良い方に道が開ける。



でも不運だった、と思った先にあるものに、また、



ついてないナ、と思ったら、また、



ついてないと思うことが現れる。



そうやって幸福な人と不幸な人とに分かれていく。



親なる神は、導きや、お知らせを下さるが、



それを悟るか悟らないかは、



人間の責任域。



生活修行は、



神様が下さった幸せの道で、



元々下さっている愛を、いかに出して、いかに明るく、



どんなネガティブな人に出会っても、いかに



ポジティブ側に留まって生きるか。



又、その良いエネルギーを押し出すか。



修行は本当は辛いものなどではない。



楽しいものだ。楽しく生きて魂を成長させられるのだ。



苦労や試練を受けないといけないんじゃないか?



と思うことを、まず止めてみよう。



それは大きなチャレンジだけれど。




生活修業の試行錯誤の後に、



ある時、パーンと風船のような膜が割れ、



そこには、台風の目のような、いやもっと落ち着いた



明るく温かい空間が広がっている。



そして、大いなる大宇宙の大元の神が、



温かい笑顔のエネルギーで、シンプルに、



とてもとてもシンプルに、



『 あなた、笑顔で、どっしりとして、目の前の人に



親切にして、生きなさいねえ 』



と、おっしゃる声が、愛のエネルギーの搭である



人の身に響きわたる。



つづく




(これは、瞑想、又多くの先生方のお話を



まとめて、勝手につなげて想像した、



ハナブキのひとりごとです☆)


~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

☆ご挨拶☆
こんにちは、ハナブキと申します!自然体で創作活動するキラキラオバサンです☆アメリカ生活で家族と魂の修行をテチテチしてます。最近の生活は、主婦業、執筆業、日本語学校の仕事、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、作画、走り歩き、バレーボール(今の所トスとレシーブだけ)を意識してやっています。他に趣味は、クラシックバレエ(を見る)、地球星の初期や超古代を探る事、身体の未知の部分を探る事、美容ですかね。ブログは中断していたんですが、もっと楽しいものを書けるようにガンバリマスね!
カテゴリ
広告エリア
*資格講座の授業をそのまま自宅に配信************************ *キャッシュバック賃貸 ************** *激安名刺印刷ならラクスル|100枚500円~********************** *お名前.com
Latest journals
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
40+∞才 1夫の妻 3児の母 アメリカ・カリフォルニア在住
 無(の近く)から出る愛を尊重し生活修行する地球人。創作活動をし続ける。子供の育成もサクサク楽しんでいる。

Link
安心な海外旅行ツアー選び
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog