スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナブキの 宇宙の物語17.劣等感

ハナブキの 宇宙の物語1.現れる
ハナブキの 宇宙の物語2.記憶
ハナブキの 宇宙の物語3.古代の神々
ハナブキの 宇宙の物語4.成長
ハナブキの 宇宙の物語5.姿
ハナブキの 宇宙の物語6.手探り
ハナブキの 宇宙の物語7.未来
ハナブキの 宇宙の物語8.三年一昔
ハナブキの 宇宙の物語9.中保
ハナブキの 宇宙の物語10.時と道
ハナブキの 宇宙の物語11.他界先
ハナブキの 宇宙の物語12.輪廻
ハナブキの 宇宙の物語13.約束
ハナブキの 宇宙の物語14.選択
ハナブキの 宇宙の物語15.習性
ハナブキの 宇宙の物語16.愛の搭

ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.

 
hikari-no-ko-3



つづき



「ハナブキの 宇宙の物語17.劣等感」



生活修業では、苦労して試行錯誤する必要はない。―――




‘人’(天使や多次元、星々の人を含む)を創造した



初期で、‘弟’の責任域での問題以来、人々は、



よく二手に分かれることが多くなった。



発展、進化の為の、二手の分かれは良いが、



破壊に繋がる二手の分かれもある。



破壊につながる方は、人々の様々な‘劣等感’が



関わる。



自覚してなくても殆どの人が劣等感を持って生きている。



もし劣等感を持っていない人がいるとしたら、



その人は、全く「悪心」を持たない人だ。



但し、そういう人でも、未熟ゆえに、悪気なく人を傷つけ



てしまうことはある。



もしだれかが、その事を、誠意を持って教えてあげたら、



その人は、すんなり分かり、素直に直す心がけをする人だ。



もし、そこで、気分を害したり、不必要なプライドゆえに、



怒ったり、それでウサ晴らしに他の弱者にあたったり、



人をあざ笑ったりする人は、いくらこの世で地位がある人でも、



やはり劣等感を持った人なのだ。



ちなみに、いくらそれ以上の地位を獲得しても、



又はウサ晴らしをしても、そういうことで劣等感は消えない。



大元の神が創った宇宙のシステムは、そのような事を、



そのような事で消せるようには創られていないからだ。



いくらこの世で、立ち位置の上下があるように見えても、



霊界では全く順が違うのを後に知る。



この世の上下の位置の中や、それぞれの立場で、



人はいかに魂を成長させられるか、



それによって神様からの、ご褒美が違う。



この世で社長でも、とても魂が未熟、というよりマイナスなら、



魂のみの世界では、一番下の立場かもしれない。



上から踏みつけられる立場かもしれない。




ただ、宗教人の中では、それに近い教えを学んだ後、



自分は悟ったグループの者だ、あの人とは違う、



選ばれた者なのだ、と傲慢になっていく人がいる。



救いから感謝に、そして何時しか傲慢になり、



固執するようになる人がいる。



自分は選ばれた人、と教えてくれたこの教えは



最高最大の真理だ、と信じ続けたくて、



他の宗教や無宗教者を必要以上に批難する。



裁きの思いを抱くようになる。



知らない間に、神とは遠い存在になっていく。



これも、その人の奥底に、劣等感が消えずに残っているからだ。



劣等感を持った人は悪い、という意味ではない。



劣等感があるんだと、気づけば良い。



自分のも、人のも、気づいてあげれば、



起きる現象が変わってくる。



無意味な劣等感というものを、捨て、



そして人にも劣等感を与えない生き方を



できるかできないかが、この生活修業と言えるかもしれない。



ちなみに、「人をあざ笑う」という行為は、



かなりの罪、のようだ。



宗教人でも、無宗教人でも、自分と価値観が違う人の事を、



あざ笑ってはいけない。



自分よりパワーも、立場的にも、弱いと感じる人にも、



あざ笑ってはいけない。



魂が未熟な人にも、あざ笑ってはいけない。



いつも嫌な思いをさせられている未熟な上司にも、



あざ笑ってはいけない。



自分の為にも非常に良くない。



「すごく劣等感を与えられて育っちゃったんだな、この上司が



早く劣等感を捨てて、穏やかに生きられますように」と



じーっと観ててあげれば良い。



その(例えば)上司の奥底の人が、



「あ、バレた」と思って、もうこちらに嫌な事を言わなくなってくる。



皆、お互いに愛情を持って、気づきあえば良い。



どんどん状況は変わってくる。



それぞれの脳のコンピューターの設定が変わる如くに



現状に変化が出てくる。




それで、「罪になるのは嫌だから、あざ笑うことは止めよう」



と思い、やらないようにする人は、



やっとマイナスからゼロになったということ。



「相手が傷つくし、周りの人にも良くないし、



自分だって気分は良くないから、



だから人をあざ笑うなんて、止めよう」



と思えば、プラス側になる。




脳の性質、クセもあって、



自分の信じているものに、ふっと疑問がわいても、



いやいや、わたしの信じている教え(選ばれた人だと



教えてくれた教え)は、間違いないのだ、



この疑問は打ち消して良し、と、判断する。



長く続けた方向性を転換するのが、怖いというのもある。




そして、その神からずれていく人や集団を、



愛情ゆえに、何とかしようとする者達が現れる。



その中には、神ご自身が送った人達がいる。




つづく




(これは、瞑想、又多くの先生方のお話を



まとめて、勝手につなげて想像した、



ハナブキのひとりごとです☆)


~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハナブキの 宇宙の物語18.

ハナブキの 宇宙の物語17.劣等感

コメントの投稿

非公開コメント

☆ご挨拶☆
こんにちは、ハナブキと申します!自然体で創作活動するキラキラオバサンです☆アメリカ生活で家族と魂の修行をテチテチしてます。最近の生活は、主婦業、執筆業、日本語学校の仕事、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、作画、走り歩き、バレーボール(今の所トスとレシーブだけ)を意識してやっています。他に趣味は、クラシックバレエ(を見る)、地球星の初期や超古代を探る事、身体の未知の部分を探る事、美容ですかね。ブログは中断していたんですが、もっと楽しいものを書けるようにガンバリマスね!
カテゴリ
Latest journals
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
40+∞才 1夫の妻 3児の母 アメリカ・カリフォルニア在住
 無(の近く)から出る愛を尊重し生活修行する地球人。創作活動をし続ける。子供の育成もサクサク楽しんでいる。

Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。