ハナブキの 宇宙の物語18.責任域

ハナブキの 宇宙の物語1.現れる
ハナブキの 宇宙の物語2.記憶
ハナブキの 宇宙の物語3.古代の神々
ハナブキの 宇宙の物語4.成長
ハナブキの 宇宙の物語5.姿
ハナブキの 宇宙の物語6.手探り
ハナブキの 宇宙の物語7.未来
ハナブキの 宇宙の物語8.三年一昔
ハナブキの 宇宙の物語9.中保
ハナブキの 宇宙の物語10.時と道
ハナブキの 宇宙の物語11.他界先
ハナブキの 宇宙の物語12.輪廻
ハナブキの 宇宙の物語13.約束
ハナブキの 宇宙の物語14.選択
ハナブキの 宇宙の物語15.習性
ハナブキの 宇宙の物語16.愛の搭
ハナブキの 宇宙の物語17.劣等感


ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.

 
hikari-no-ko-3



つづき



「ハナブキの 宇宙の物語18.責任域」



神は、私達に、笑顔で、周りの人に親切にして、



どっしりとポジティブ側に留まりながら、



楽しく豊かに幸せになり、



魂を成長させてほしいと願っておられる。



それで、時々、神がテストをくれる。



ほんのちょっとした試練的な事を起こして



(その人に耐えられないような大きな試練などではない)、



それでも私達は、笑顔で明るく、天国側の言葉を話し、



人に親切にしながら、それを乗り越えられるか、



というテスト。



もしそれが良くできたら、ご褒美を下さる。



もっと幸せになることを出してくださる。



もし暗く不平不満で乗り越えたら、または



不平不満で、その地点で停滞していたら、



神は、そうじゃないよ、と、悟らせてくださる為に、



辛い事をほんのちょっと上乗せして、



愛と光の方へ向き直しなさい、と、お知らせを下さる。



それでも、さらに不満をつのらせると、



もう少し大きな困難がきたりする。



そしてそれでも気づかなければ、



もっと大きな災難が。



そこまでの災難は、もはや神ではなくて、



人間の責任域でマイナス方向を選択し続けたゆえに



現れた、悪魔(サタン)だ。



神からの罰ではない。神は罰を与えない。



人の責任域という、神すら踏み込めない



神の子どもである私達それぞれの、責任域があるのだ。



あくまで私達は、成長途上の可愛い神の子供であって、



神の創ったロボットではない。



自由意志を与えられた、本当に神の尊い子どもなので、



責任域を下さっている。




愛と光でできた人間は、愛と光で節々の成長課題を



超えて行けるのだ。



愛→「優しさ」、光→「明るさ」、そしてある程度の「押し出し」が



必要だ。優しさは、弱さとは違う。優しさほど強いものは無い、



とも言える。



ちなみに言えるのは、優しくするというのは、機嫌が悪い者の



ご機嫌をとってあげる、というのでは絶対にない。



それは真逆なくらいに違うこと。



優しい人は、どっしりと、自分自身が機嫌良くあり続け、



そのポジティブの土俵に居座るのだ。



居座りながら、天国側の言葉を相手にかけてやる。



いつしか、どんなネガな者も観念して、



ポジの土俵に入ってくるようになる。



あまりに頑ななネガの者には、関わり続けないほうがいい。



マイナスエネルギーを受け続けないほうが良い。



大元の神や、神々が、そのネガの者の責任を持つ。




殆どの人は、劣等感というものを持ってしまっている。



劣等感を持った人は、人から傷つく言葉をもらうと、



不必要に反応してしまう。



言った人に悪気があっても無くても。



劣等感がない人は、そんな言葉に、そうそう反応しない。



特に悪気無く言われた言葉には、全く痛手など負わない。



悪気の無いその人の綺麗な心が見えるからだ。



悪気がある人の言葉には、持っているパワーが



自然に発動し、バリアを張ってくれる。



そして、悪気のある人に、哀れみの思いがわく。



あまりの悪気の人に、そうそう出会うチャンスすら少ないし、



出会うと神のお知らせで、相手にしないか、



その場をさっさと去る。




自身の責任域で、ポジティブ側を選択して生き、



魂を成長させなさい、幸せになりなさい、と



大元の神や、地球担当の神々は観ている。




前世(一つ前ではなく、もっと前の前世のことが多い)で、



まだまだ成長し足りなかった部分を、



悟りきれなかった部分を、今世でマシにする。



少しづつ上がっていけば良い。



神様は、



「 あなた、今世はもっと明るく楽しく、人に親切にしながら、



その足りなかった部分を磨くんだよ 。そしたら、



私(大元の神や神々)と自分は何時も、一緒にいるんだ



だという事が分かるし、もっと幸せになれるからね 」



と、声をかけてくださっている。




‘いっぱい苦労した後悟った’‘いっぱい苦労して成功した’



言う人がいるが、分析すると、苦労して大変だった期間には、



あまり成長、進歩していなかった事を知る。



楽しかった時、感謝していた時に成長、神歩



していたのを知る。



‘裸一貫で苦労してここまで来た’という言葉を耳にする。



過程で、楽しく生きていたときに、‘進み’があって、



辛く歯噛みをしていた時、周りに敵対心を抱いていた時には、



進みがなかったり、進んで下がってを繰り返していた事を、



振り返って分析すると、知る。



悔しさゆえに、ある程度の出世をした人は、



そのままでは長続きはしない。今の時代は、



人は人の魂を、我知らずキャッチし、



敵対心を持ったまま仕事をするような人には、



もうついていかない。



又、ある程度の豊かさを得たとしても、



幸せは得られなくなる。病気にもなる。



人を見下すと、どんどん不幸せになっていく。



21世紀、魂の夜明けは、それが短時間で



現れる時代だ。



苦労より、もっと明るく楽しい方向を見出して



(自分勝手な面白い方向という意味ではないし、



目先の楽(ラク)な方、という意味でもない)



生きていたら、もっとスムーズに成功をし、



魂も成長していた、という事を、



21世紀、魂の夜明けになって、知られるようになった。




でも、人それぞれ、神とその人とのやり取りで、



他者には分からない事が沢山ある。



もしかしたら、苦労し歯噛みをし、それがあったから



その人は後に、明るさ、楽しさ、親切などの重要性



に気づき、方向転換できる、という、



生まれる前に自分で決めていた、



その人の、修業のシナリオだったかもしれない。




つづく




(これは、瞑想、又多くの先生方のお話を



まとめて、勝手につなげて想像した、



ハナブキのひとりごとです☆)


~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

☆ご挨拶☆
こんにちは、ハナブキと申します!自然体で創作活動するキラキラオバサンです☆アメリカ生活で家族と魂の修行をテチテチしてます。最近の生活は、主婦業、執筆業、日本語学校の仕事、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、作画、走り歩き、バレーボール(今の所トスとレシーブだけ)を意識してやっています。他に趣味は、クラシックバレエ(を見る)、地球星の初期や超古代を探る事、身体の未知の部分を探る事、美容ですかね。ブログは中断していたんですが、もっと楽しいものを書けるようにガンバリマスね!
カテゴリ
Latest journals
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
40+∞才 1夫の妻 3児の母 アメリカ・カリフォルニア在住
 無(の近く)から出る愛を尊重し生活修行する地球人。創作活動をし続ける。子供の育成もサクサク楽しんでいる。

Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog