FC2ブログ

ハナブキの 宇宙の物語21.繁殖

ハナブキの 宇宙の物語1.現れる
ハナブキの 宇宙の物語2.記憶
ハナブキの 宇宙の物語3.古代の神々
ハナブキの 宇宙の物語4.成長
ハナブキの 宇宙の物語5.姿
ハナブキの 宇宙の物語6.手探り
ハナブキの 宇宙の物語7.未来
ハナブキの 宇宙の物語8.三年一昔
ハナブキの 宇宙の物語9.中保
ハナブキの 宇宙の物語10.時と道
ハナブキの 宇宙の物語11.他界先
ハナブキの 宇宙の物語12.輪廻
ハナブキの 宇宙の物語13.約束
ハナブキの 宇宙の物語14.選択
ハナブキの 宇宙の物語15.習性
ハナブキの 宇宙の物語16.愛の搭
ハナブキの 宇宙の物語17.劣等感
ハナブキの 宇宙の物語18.責任域
ハナブキの 宇宙の物語19.サタン
ハナブキの 宇宙の物語20.洗脳

ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.
ハナブキの 宇宙の物語 番外編3.
 
Hikari-no-ko


つづき



「ハナブキの 宇宙の物語21.繁殖」




地球人は、大元の神が創造した‘人’の中では、



動物(地球に先駆けて存在させた)的だ。



天使や、多次元の人や、他の星々の人は、



繁殖方法が違う。



物理的にも、スピリチュアル的にも違う。



地球人は、言ってみれば、



地球担当の、成長初期の神々が、



大元の神から多くの役割分担を受けて地球へ来た。



そして先に存在していた動物の中の、サル系に注目した。



それに数回の遺伝子操作をして、地球人の原型を創った。



動物の繁殖方法は現在の地球人に反映している。



動物的繁殖法プラス、人ならではの情と想像力とで



地球人は繁殖する。



知的に高度な、サル系人間だ。



大元の神は、使命を与えた神々が、一生懸命に創造した



その地球人を認め、大元の神の‘分け御魂’を



地球人一人ひとりに入れた。



(中には、外見は地球人でも、分け御霊が入っていない



人や、宇宙から来たアンドロイドもいる、という説がある)



そして私達の魂(分け御霊)は、永遠不滅だ。



地球に生まれて、また故郷である霊界へ戻る。



そしてまたこちらへ来る。



魂が充分成長するまで。





動物的なので、と言おうか、‘習性’がある。



(「15.習性」でも書いた)



なので、あえて魂の成長の為に、



何かおきた時には、本能や条件反射や先入観、



固定観念で、‘右だ’と思ったときには、



あえて‘左’も意識してみてはどうか。



(時と場合に寄るが。一歩遅れて非常事態になる可能性



があるときなどは、試さなくて良い)



様々な方面の成功者達の中には、



皆が使いづらいと批判していたものを、



あえて利用してうまくいき、



皆もそれに注目し始めた時には、もう自分は違うものに



目を向けている。皆が売りの時には自分は買い、



皆が買いのときには、自分は売る。



楽で良さそうな物に皆が目を向けたときには、



自分は皆が不便そうで批判する物に目を向ける、、、と。



ネガティブに捕らえると、‘あまのじゃく’だ。



でも、ちがう観かたをすると、



地球人の習性、常識などの枠から、一歩足を出し、



成功へ向かって進んでいる人たちなのだ。




地球人全体の平和を、愛情を持って考えている人たち



というのは存在するものだ。



その中で、他者の目や反応が気になって、行動に



出られない人が沢山いる。



人から批難されるだろうことを承知で、それでも行動に



出る人は、ほんの一握りだ。



ここで引っかかることは、世の中にとって良いことをする



なら、感謝され尊敬され応援されるはずなのに、



誤解され批難攻撃されるケースが多々ある。



人々のそれぞれの複雑怪奇な思いが手伝って、



その勇気ある人の行動が、神から見て本当に必要な



ことかどうかが、人々は判断できないから、



その勇者は、苦しい道を歩まされる。




実際、良かれと思ってやったことは独りよがりで、



実は他者の為になどなっていない人、という場合もある。



でも、歴史のなかには、神が送った使命者が数人いた。



しかし、その当の当時、殆どの人から分かってもらえなかった



人達だ。未来人の私達が歴史を学んで、やっと沢山の人が



その勇者を認める。しかし、当の現代にそういう使命者が現れても、



やはり地球人の多くは、その勇者の事も、神との事情も、



何もかもが、理解が困難なのだ。



何かに操られるように生きている地球人。



それでも古代からみると、かなり成長している。



古代に戻ると、今の私達は未来人。



かなり魂が成長した未来人だといえる。





話は変わって、




地球担当の神々。サル系地球人は、アフリカから



どんどん繁殖していったという説がある。



分け御霊が、既に入っていたかどうかは分からない。



そして、今までの考古学をひっくり返すような発見が



次々と出ている。



日本の縄文人は初の遺伝子操作でできた



人間、という説がある。文明はそこからどんどん西へ。



トルコまで行き、それから再び東へ東へと文明が広がっていった



という検証がある。色んな場所で色んな新たなものが発掘され、



新しい事実が浮上している。



そのどこかのポイントで、大元の神は分け御霊を入れることとした。




神々の多くは、男でも女でもない。



両生体(態)という言葉は、何か はまらない。



大元の神が、性別のシステムをはっきりさせる以前の存在、



又は、性別を超えたレベルの存在だ。



ギリシャのオリュンポス十二神の血統では、



性別を途中で変える神々もおられた。



(ちなみに、オリュンポス十二神などが、



神話か事実の歴史かは、うやむやにされ、



人々は、はてな、と感じながらも、あまりそこに触れない)



日本の菩薩様方も、男でも女でもない。



ちなみに、ニューヨークの自由の女神は、



どちらかというと男だが、やはり性別はないかもしれない。




しかし、だからといって、今、性別が決まって生まれてくる



地球人の性を、あとで転換するのは、どうかと思う。



理由があって、男に生まれ、女に生まれたのだから。



しかし「魂の成長」ということを考える時、



性別の問題は、最重要ではないかもしれない。





つづく





(これは、瞑想、又多くの先生方のお話を



まとめて、勝手につなげて想像した、



ハナブキのひとりごとです☆)



~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハナブキの 宇宙の物語22.

ハナブキの 宇宙の物語21.繁殖

コメントの投稿

非公開コメント

☆ご挨拶☆
こんにちは、ハナブキと申します!自然体で創作活動するキラキラオバサンです☆アメリカ生活で家族と魂の修行をテチテチしてます。最近の生活は、主婦業、執筆業、日本語学校の仕事、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、作画、走り歩き、バレーボール(今の所トスとレシーブだけ)を意識してやっています。他に趣味は、クラシックバレエ(を見る)、地球星の初期や超古代を探る事、身体の未知の部分を探る事、美容ですかね。ブログは中断していたんですが、もっと楽しいものを書けるようにガンバリマスね!
カテゴリ
広告エリア
*資格講座の授業をそのまま自宅に配信************************ *キャッシュバック賃貸 ************** *激安名刺印刷ならラクスル|100枚500円~********************** *お名前.com
Latest journals
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
40+∞才 1夫の妻 3児の母 アメリカ・カリフォルニア在住
 無(の近く)から出る愛を尊重し生活修行する地球人。創作活動をし続ける。子供の育成もサクサク楽しんでいる。

Link
安心な海外旅行ツアー選び
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog