はじめに笑みありき!8.なんで?誰?



ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.光線と稲妻
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.先輩と後輩
ハナブキの 宇宙の物語 番外編3.土星のジュース説
ハナブキの 宇宙の物語 番外編4.男と女って?
ハナブキの 宇宙の物語 番外編5.賭けをやろうぜ
漫画タッチで ワットとビブレの出会い
ハナブキの 宇宙の物語 番外編6.デカイわ
(↓番外編6.から続いています)
はじめに笑みありき!1.見当がついたのさ
はじめに笑みありき!2.ニガショッパー
はじめに笑みありき!3.何かがシュンッと
はじめに笑みありき!4.コノシマツ
はじめに笑みありき!5.吸いながら見下ろすので
はじめに笑みありき!6.お捧げ
はじめに笑みありき!7.ビブレ、違うぞ

 
Hikari-no-ko



つづき




「はじめに笑みありき!8.なんで?誰?」




ワットとビブレも、体を元々の自分らのモードに


少し戻すと、酔いはさめた。


レ6「さて、私は、地上に少し対処した後、


他のレの神々に合流しなければならない。」


ビブレ「ははー。我等はミナミアメリカへ向かいまする!」


ワット「ミナミアメリカにも美味しいジュースあるかな~。」


ビブレ「飲みに行くんじゃないぞ。修行に行くんだ。地球人と


出会うんだ。」


ワット「さっきのジュースも良かったけどサー、やっぱ


土星ジュースは忘れられない味ね、ね、レ6様。」


ビブレ「そういうもんすか、レ6様?」


レ6「え?えー、まあ。」


ニガショッパーいジュースより、アマズッパーい


ジュースの方が好きなんて、気恥ずかしくて言えない、


と思う、まだまだ未熟な神、レ6であった。



レ6に見送られ、ワットとビブレは、南南西へと出発した。


レ6「さてと、地上の人間達をどうするか、、、。」


レ6は暫くそこに居たが、何か腑に落ちないような


気がした。


レ6「あの二人、何でわざわざミナミアメリカへ?


地球人なら、この下にも居るのに。」



ワットとビブレは、すいすいと飛行中。


ビブレ「そういえばよ、ワット。」


ワット「なあに~?」


ビブレ「さっきレ6様とおめぇが飲んでたジュース、


ってか、誰がでっかい建造物建てるって?」


ワット「『違うぞビブレ、修行が足りん』って言ってた話のね?」


ビブレ「おめぇはなー!ちったーヒトを良い気持ちにさせる


事を言えねえか?」


ワット「、、、ごめんなさい。」


ビブレ「あ、え?スポンと素直にあやまられっと、


調子くずれるなぁ。」


ワット「、、、これ、ワットの修業が足りんのトコだ。」


ビブレ「時々、おめぇには面食らうなあ。チビなんだか


大人なんだか分からん。」


ワット「で、誰が建造物を、だっけ?」


ビブレ「おお、そうだった。誰なんだ?」


ワット「、、、もしかして地球人??」


二人、考える。


ビブレ「いや、違うっしょ。だってほら、地球人は


ミナミアメリカに。」


ワット「そうだよねー。じゃ、誰のことだったんだろね。」



レ6、まださっきの場所に止まっている。


レ6「いったいあの二人は、何でミナミアメリカに、、、?」




つづく




~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら・魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

☆ご挨拶☆
こんにちは、ハナブキと申します!自然体で創作活動するキラキラオバサンです☆アメリカ生活で家族と魂の修行をテチテチしてます。最近の生活は、主婦業、執筆業、日本語学校の仕事、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、作画、走り歩き、バレーボール(今の所トスとレシーブだけ)を意識してやっています。他に趣味は、クラシックバレエ(を見る)、地球星の初期や超古代を探る事、身体の未知の部分を探る事、美容ですかね。ブログは中断していたんですが、もっと楽しいものを書けるようにガンバリマスね!
カテゴリ
Latest journals
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
40+∞才 1夫の妻 3児の母 アメリカ・カリフォルニア在住
 無(の近く)から出る愛を尊重し生活修行する地球人。創作活動をし続ける。子供の育成もサクサク楽しんでいる。

Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog