FC2ブログ

イマジナル・ワールド(イマジネーションの意ではない)と超古代

 
hikari-no-ko-3



イマジナル・ワールドと聞くと、おとぎ話のように


捉えてしまいますが、ここに同時に存在する高次元の


世界のことです。この3次元(4次元?)の感覚で


高次元を語るのは至難の業です。


そのような世界に関して、私達のために具現化し


本におさめられた先生方はいますが多くはないようです。




ところで、歴史の研究が進み、色々な人間関係のしがらみ?が


インターネットの世界によって蒸発しつつあるため、


色んな事が暴露され、また研究を進めやすくなったので


驚きの真実が徐々に現れてきました。



最近ではホモサピエンスの年齢が2倍に!変わりましたね。


又、やはり超古代文明が存在し、現代よりも高度な技術が存在


していたという説が濃くなってきました。




古代から今にかけて人間の知と文化は、低から高へ昇り続けてきた、


古代人はサルとさほど変わらない所から始まり、長い年月かけて


今のレベルに至った、と、当たり前のように考えられてきましたし、


学校でも習いました。


しかし、超古代文明があり、それは国々に区切ったレベルではなく


人類レベルの文明で、今の比ではない高い知識の文明だったようです。




今までの、古代は原始的=発達していない世界、を


イメージさせられていたので、古代のなぞの遺跡、巨石、


今でも壊れずに残っている事のできる建造物、


意味不明な絵や文章、、、などなどは、古代人間が


できるはずもなく、だから宇宙から来た高知をもつエイリアンだ、


いや、そんなのはナンセンスで、当然ながら、長き歴史をかけて


奴隷の人間たちが、えっさえっさと巨石を運び造ったのだ、と


論じられてきましたね。



話は横にそれますが、地球の重力は、超古代と現代では


かなり違ったようです。


恐竜時代も今と重力が違ったために、あの巨体が生きられた


という説が出てきました。


重力はずっと同じ、というのも固定観念、先入観だということです。


重力は置いておいても、間違った先入観、固定観念というものは、


世には多々ありますよね。



又、人間、特に日本の歴史は、古代に遡ればのぼるほど、


神話、おとぎ話のようです。しかしおとぎ話でしょうか?


西洋のオリンポス12神も、おとぎ話のようですが、どうでしょう?


一般にお目見えしない日本の天皇の家計図には、


今から過去に遡ると、


人と人の子、人と人の子、、、、人と神の子、人と神の子、、、


神と神の子、神と神の子、、、となっていたそうです。


本当におとぎ話でしょうか?


重力が違ったように、人も、今の人と超古代人、古代人、と


それぞれかなり違ったと、私は想像しています。


今でいう直感とか、霊感とか、超能力なるものは


超古代(古代も?)では、普通に殆どの人びとがもっていたのでしょう。


今の感覚で古代をとらえても、理解できない世だったの


ではないでしょうか?



で、知識、技術面は、超古代は現代よりもっと高い知と技術


を持っていた、それであのピラミッドや、とんでもない大きさの巨石を


組み立てた建造物を造る事がで来た、測量もさることながら、


地球全体をあたかも上空からとらえて、遠く離れた国の遺跡同士が、


ある法則をもって建てられ、通じています。




だとしたら、どうしてその後、直感も霊感も、高い知も、


超能力と私達が呼ぶ能力は消えてしまったのか――



ある説では、


マンモスの時代に一度、彗星が地球にぶつかり、


それがどうも北極にぶつかった為に大洪水になって、


地球人は壊滅した、そのショック、トラウマなどが


影響し、生き残った人間から次の世代になっても


元の高い知にはなかなか至る事ができず、


そこからスローに高くなっているが、今だ、


超古代の域に達していない、というものです。


彗星がぶつかったのは、研究家たちの間ではかなり有力です。


マンモスはなにかのショックにより、突然死したようです。



ちなみに、私がずっと思っている仮説は、


地球人として遺伝子操作もされて出来上がった(生まれた)地球人、


高い知のある超古代人となり、超ハイテクな生活をしていたが、


高い知に伴う高い情(愛情や他者の気もちを感知する動機)が


なかった。


情の乏しさに高い知が重なると、争いがおき、


核戦争(その形跡は色んな地にある)で、人びとが壊滅した、


人のいない文明も壊滅した、そんなところではないかと思っています。


では、何故情の伴わない地球人となっていたか、それは


人類の初期で、比較能力ゆえにある出来事で芽生えた、


‘受けていた愛情が突然減ってきた感覚’→


→不安、恐怖→比較→劣等感、嫉妬、妬みが起き、


常に2者(3者、、、)の競争、争い→楽しい競争ではなく、


足を引っ張る競争になり、結果的に持っていた高い知を


使って競い、順に破壊、自滅した。


大いなる大宇宙の大元のエネルギー(神などと呼ぶ)は、


その学びにより、


情がある程度伴わないと、超古代のような高知は


持てないシステムに創り上げたのではないかと思っています。



知と情のバランスがとれ、行動が伴った所に平和があるのでは。




つづく




~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

☆ご挨拶☆
こんにちは、ハナブキと申します!自然体で創作活動するキラキラオバサンです☆アメリカ生活で家族と魂の修行をテチテチしてます。最近の生活は、主婦業、執筆業、日本語学校の仕事、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、作画、走り歩き、バレーボール(今の所トスとレシーブだけ)を意識してやっています。他に趣味は、クラシックバレエ(を見る)、地球星の初期や超古代を探る事、身体の未知の部分を探る事、美容ですかね。ブログは中断していたんですが、もっと楽しいものを書けるようにガンバリマスね!
カテゴリ
広告エリア
*資格講座の授業をそのまま自宅に配信************************ *キャッシュバック賃貸 ************** *激安名刺印刷ならラクスル|100枚500円~********************** *お名前.com
Latest journals
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
40+∞才 1夫の妻 3児の母 アメリカ・カリフォルニア在住
 無(の近く)から出る愛を尊重し生活修行する地球人。創作活動をし続ける。子供の育成もサクサク楽しんでいる。

Link
安心な海外旅行ツアー選び
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog