FC2ブログ

ルネサンスとは

 
Hikari-no-ko


ルネサンス

ルネサンス Wikipedia

古代ギリシャ、ローマの文化を復興させたい、という

(14~16世紀)文化運動と言われています。

超古代、古代、いったい人間はどのようで、

そしてどんな能力があったのでしょう。

ギリシャ彫刻も見れば見る程不思議なシロモノですし、

遺跡も不思議な技術で造られています。

現代の技術、またはそれ以上の技術があったとしか

思えません。プロの科学者達の間でも真逆な

意見が飛び交い不思議から脱しません。



天才的な芸術家達ならではの作品(遺跡群も含めて)、

と言ってかたずけられるのもでしょうか?

ルネサンス時代の芸術家達、例えば

ダ・ヴィンチは不思議な絵をたくさん残しています。

飛行機などない時代に、高い高い上空で描いたか、

上空から写真機におさめ、地上におりて、その写真を元に描いたか、

としか思えないような地図の絵なんかもあります。

(その地図の絵は現在のその地の地図と近い。土地にも寄るが、

道路は一度造ると、よっぽどの事がないと、ずーーっとその線は

道路として残るものだそうです)


モナリザの絵は、ダ・ヴィンチ本人を描いた説があったり、

話題の絶えない絵として注目され続けています。

ダヴィンチ・コードでは、あれはイエスキリストの妻で

妊娠しているマグダラノマリヤ。黒の着物は喪服、

そして手前の手が大きく見えるのは、妊婦である彼女の

お腹が出ているから、その手前に置いた手が大きく見える、

という説で、当時の私は、興味深くて妙に喜びました。


ですが今思っているのは、


あれは、”ポートレートには広角すぎたレンズで

写真を撮り、それを元に描いた絵”なので、

手前の手が大きくなっている、と思っています。

他にも写真機を使ったとしか思えない彼の絵が複数あります。

―― シャッターを切ったタイミングで、人物の仕草が

絵らしくなく、いかにも写真、という絵があります。

(彼のばかりではないが)

それは古代ギリシャ彫刻にも言えて、彫刻の美術品としては

どうも不自然なものだと思いませんか?

子どもの彫刻などは、写真または3Dで動いている瞬間をとらえた、

というようにしか見えないものなど、、、。



1、ある人はエイリアン説、超古代の飛びぬけた技術や古代ギリシャの

3Dを使って作った彫刻群などは、地球外の高知能な生命体

からサポートを受け行なった、というものです。


又、他の説では、


2、当時の人間自体が、今の私達人間とはかけ離れた

別モノだった。

古代の地球環境も人間自体も、今よりも原始的なものだったろう

という先入観、固定観念が、現代の私達にはあります。

が、重力を初め、地球は今とはかなり違った環境であり、人間も

今の人間とはかなり別モノだった可能性があるようです。

当時の人の脳は、今よりも進んでいたという説です。


又、他の説では、


3、異次元が今ここにも存在し、’禁断の実’(→ある種のキノコで、

ある宗教のトップ階級はその効用を内々に伝承している。

ある時代になって、公に、食べることを禁じた)

であるキノコを食べる事でも、その次元にアクセスできる。

向うの人?は私達の次元にはいつでも来れる。

但し、高次元に生きる生命体が、全て魂レベルが高いわけではなく

私達の世界に来ていたずらなどする存在もいるそうです。


高次元 ≠ 全ての生命体が魂が高い、尊敬できる存在のみの世界


古代の洞窟の絵などに共通点があるのは、その次元にアクセスした

者達の見たモノを描いたからだ。

高次元からのアイディアによって、超古代の高等技術?を、

限られた人達(中世でも近世、現代でも)が、それを使って、

“仕切っている”、という説です。


当時の宗教儀式では、一般人もそのキノコを使い、

多次元とアクセスしていたのです。

麻薬や酒を代用し、偽のアクセス(本物のアクセスと勘違いして)

をしていた人もいた事でしょうが、兎に角"本物のアクセス”があった

と言います。



私が今、こうかなと想像しているのは、



当時の地球環境も、人間の脳構造も、今とはかなり違っていた、

そこに多次元の生命体(エイリアンとか、神々とか、天使とか言われる)

も関わりに来ていたではあろう、と思っています。

いわゆる、現代の私達が言うエイリアン、

二ビル星からのエンキとエンリル エンキ Wikipedia参照

神々(天照大神や観音菩薩、etc,,,)は、おおいなる大宇宙の大元の

エネルギー(神と呼んだりする)からすると、

やはり‘人間’ であろうと思う。但し、私達からすると、

神々、天使、エイリアンと呼んでもおかしくないような、

現代人には想像できないある種の成長を遂げた大先輩、

といえるのではないかと思っています。

(エイリアンはちょっと違って、アンドロイド??)


健全で良い成長を遂げた大先輩は、今も愛と思いやりを持って、

私達に色々な形で助言し、修行させて下さっているのではないでしょうか?


以前の記事にも書きましたが、大昔、神も神々たちも、

初めは手探り状態の成長途上で、地球人に対しても

支配し、殺したり罰を与えたりと、色んなことをやってきた。


そして最初から人間に‘超脳’を与えても、愛の大きさが伴わない者達は

滅ぼしあったり自滅したりするので、それが超古代や古代を経て

大先輩たちは悟ってきた。

今の私達の感覚からすると‘超脳’の持ち主の大昔の地球人だったが、

愛とのバランスを考え、超脳の一部を変えた(取り去った)。

当時の地球担当のやはり修行途上の神々が行なった。

愛を伴わない能力、技術は危険だと。

今私達が神や神々と呼んでいる存在は、架空の存在ではなく、

異次元で生きていて、今も私達の世界に愛で働きかけてくれている

人間の大先輩、だと思っています。



最後に、

ダ・ヴィンチや、過去の多くの巨匠、偉人達の真実がどうなのかは、

全然問題ではありません。

(ロマンや興味をそそるので調べるのは楽しいですが)


本人達に聞いてみたい事は、


「地球に生きていた頃は楽しかったですか?

人々に思いやりを持って暮らす修行は出来ましたか?

少しでも魂を成長させることができ、

良い人生だったと満足して他界できましたか?

もしできていたなら、それは良かったよね。」


という事です。



~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

☆ご挨拶☆
こんにちは、ハナブキと申します!自然体で創作活動するキラキラオバサンです☆アメリカ生活で家族と魂の修行をテチテチしてます。最近の生活は、主婦業、執筆業、日本語学校の仕事、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、作画、走り歩き、バレーボール(今の所トスとレシーブだけ)を意識してやっています。他に趣味は、クラシックバレエ(を見る)、地球星の初期や超古代を探る事、身体の未知の部分を探る事、美容ですかね。ブログは中断していたんですが、もっと楽しいものを書けるようにガンバリマスね!
カテゴリ
広告エリア
*資格講座の授業をそのまま自宅に配信************************ *キャッシュバック賃貸 ************** *激安名刺印刷ならラクスル|100枚500円~********************** *お名前.com
Latest journals
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
40+∞才 1夫の妻 3児の母 アメリカ・カリフォルニア在住
 無(の近く)から出る愛を尊重し生活修行する地球人。創作活動をし続ける。子供の育成もサクサク楽しんでいる。

Link
安心な海外旅行ツアー選び
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog