ハナブキの 宇宙の物語 無番.混合・雑学メモ

<

ハナブキの 宇宙の物語1.現れる
ハナブキの 宇宙の物語2.記憶
ハナブキの 宇宙の物語3.古代の神々
ハナブキの 宇宙の物語4.成長
ハナブキの 宇宙の物語5.姿
ハナブキの 宇宙の物語6.手探り
ハナブキの 宇宙の物語7.未来
ハナブキの 宇宙の物語8.三年一昔
ハナブキの 宇宙の物語9.中保
ハナブキの 宇宙の物語10.時と道
ハナブキの 宇宙の物語11.他界先
ハナブキの 宇宙の物語12.輪廻
ハナブキの 宇宙の物語13.約束
ハナブキの 宇宙の物語14.選択
ハナブキの 宇宙の物語15.習性
ハナブキの 宇宙の物語16.愛の搭
ハナブキの 宇宙の物語17.劣等感
ハナブキの 宇宙の物語18.責任域
ハナブキの 宇宙の物語19.サタン
ハナブキの 宇宙の物語20.洗脳
ハナブキの 宇宙の物語21.繁殖
ハナブキの 宇宙の物語22.離婚
ハナブキの 宇宙の物語23.堕落性 
ハナブキの 宇宙の物語24.波動
ハナブキの 宇宙の物語25.希望の実態
ハナブキの 宇宙の物語26.夜が明けた
ハナブキの 宇宙の物語27.我知らず真理に沿って生きている人
ハナブキの 宇宙の物語28.脳-1 神が自分から去って行ったような感覚、恐怖感、そして嫉妬心へ
ハナブキの 宇宙の物語29.脳ー2 中間の上空にメシヤがいる
ハナブキの 宇宙の物語30.脳ー3 まだ使いこなせないフローチャート
ハナブキの 宇宙の物語31.イマジナル・ワールド(イマジネーションの意ではない)
ハナブキの 宇宙の物語32.イマジナル・ワールド(イマジネーションの意ではない)と超古代
ハナブキの 宇宙の物語33.イマジナル・ワールド(イマジネーションの意ではない)とバレエの由来
ハナブキの 宇宙の物語34.ルネサンスとは
ハナブキの 宇宙の物語35.ルネサンスとは―2
ハナブキの 宇宙の物語 無番.勘違いの酒の使用法、そしてドラッグ、毒キノコ、不自然なセックス
ハナブキの 宇宙の物語36.夜の神様と 昼の神様
ハナブキの 宇宙の物語37.歴史と脳
ハナブキの 宇宙の物語38.なぜ悪が現れたか
ハナブキの 宇宙の物語39.けして満足感が得られない人
ハナブキの 宇宙の物語40.健全なる欲


ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.光線と稲妻
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.先輩と後輩
ハナブキの 宇宙の物語 番外編3.土星のジュース説
ハナブキの 宇宙の物語 番外編4.男と女って?
ハナブキの 宇宙の物語 番外編5.賭けをやろうぜ
漫画タッチで ワットとビブレの出会い
ハナブキの 宇宙の物語 番外編6.デカイわ
(↓番外編6.から続いています)
はじめに笑みありき!1.見当がついたのさ
はじめに笑みありき!2.ニガショッパー
はじめに笑みありき!3.何かがシュンッと
はじめに笑みありき!4.コノシマツ
はじめに笑みありき!5.吸いながら見下ろすので
はじめに笑みありき!6.お捧げ
はじめに笑みありき!7.ビブレ、違うぞ
はじめに笑みありき!8.なんで?誰?
(またそのうち続きます^^)

 
hikari-no-ko-3




「ハナブキの 宇宙の物語 無番.混合・雑学メモ」



*大洪水神話(ノアの、、)は事実。聖書にあるように、水は、海、雲、その上の雲、があり、ノアの頃に彗星が飛んできて地球にあたり、水蒸気のその水(雲の上の雲?)をぶち破った。それまでは常時暖かな地球で、その頃からあると言われている木には、その時代の年輪がない(四季がない)。その後から、宇宙からの宇宙線が沢山入るようになり、生態系が変わる。寿命が短くなる。

*彗星、隕石の大きさ威力により、海に落ちれば水蒸気が高々と上がり暫く経つ。それで温暖に。
地に落ちれば土や塵が高々と上がり暫く経つ。すると寒冷に。氷が張ると白いので太陽光が少しづつ入りだしても反射してしまうので、一旦凍るとなかなか暖まらない。
*地軸がずれると各地の寒暖が変わる。氷河期はなにも地球全体が寒かったわけではない?

*ギザのピラミッドは、大洪水の前からあったのか後に建てられたのか?表面は当時、白い化粧石が付いていた。洪水になっても水は入らないようにする加工にもなったのか。
*スフィンクスは洪水前は二体あり、流されたかもしれない。地下にスペースがあるらしい。耳の辺りから入る?
三大ピラミッドの前にあそこには違う建造物があり、守護神の存在として2対のスフィンクスが鎮座していた。

*ピラミッドは偉い人達の非難場所だったか?超古代、古代文明はどこの地も星とは関連が深い。なぜかヒシャク星の型に建物を建てているところが世界でいくつも見られる。

*彗星が当たるのを予測しての、ピラミッドやその手前に埋められていた船、そして世界の遺跡群なのか?
今の聖書がどこまで書き変えられてしまっているのか微妙だが、大いなる大宇宙の大元の神と、様々な担当の神々がいる。
*夜の神と昼の神
*神は成長する。当時の神々はまだ未熟な神々だった為か、嫉妬、怒り、戦い、奪い合い、結婚相手が良く変わる。
*私たちの意識内にある。意識そのもの?
*神とは私達一人ひとりそのものと言えるのだろう。しかし誤解を招く言い方になるため、世間への表現が難しい。

*卑弥呼の三角縁神獣鏡の数々、、、裏の鏡の部分に光を当てると、向こうの壁に鏡の表の模様が透けて映し出される。
ヤタノ鏡と同じか?一部が欠けているらしい。レプリカ多い。本物とは果して実存した物なのか?
ユダヤの三種の神器と似ているが、そもそもは日本の三種の神器は測量の道具。 イエスの弟の1人の日本的名前はイスキリ。→いしきり→石切→石工職人→この流れでフリーメーソンがきている、、、しかし情や魂がイエスやイシキリを素直に受け継いでいるか否かは、全く別の話。個人によっても違う。とにかくあの時からできた結社のようだ。

*量子論で死後の事が立証できる、、、人の意識の不滅、宇宙へ飛び散る(心臓停止後、ニューロンが激しく動き出す)。まれに息をふきかえす人は、幽体離脱して家族にあってきた、、、といっているのは、意識が散って出かけ、そしてまた肉体へ戻ってきたから。
*生まれ変わりは、次の肉体へまた意識が張り付く、という説。
*人が皆死に、その上意識が存在しなくなると、宇宙は無くなるという説。
*脳から意識がわくのではなく、意識があり脳や身体ができた。 意識 = 魂?
しかしいつしか魂という概念がぼかされ、意識=心(唯物論者は心の存在も信じないのだろうが)という概念に何となくなった。

*人工知能に意識を持たせるのは可能かもと。しかしまた人工知能界での唯物論者が出来てしまうかも。
いやしかし宇宙誕生、地球誕生、生き物誕生、人間誕生、の過程で、いわゆる天使達、神々、といわれる存在だけだった所に、地球生命体に意識(魂=神のわけ御霊)をいれ、新しい神の子供界を創った時も、今私達が人工知能は厄介と思っているのと同じだったのかも、、、。

*争い、破壊、戦いの歴史は繰り返されるのか?いい加減学ぼう、という思いは皆にある。
意識、記憶は人類、宇宙の生命体たちも繫がっているので、自分に良い言霊を言い聞かせれば電波のように皆の意識に流れる。

*自分がとにかくシンプルに純粋に「幸せ」と思える状態になりたいのは皆共通しているはずだ。
世の中レベルをいつも考え、良くしていこうとするのが、自分の「幸せ」と感じられる状態の人もいる。とにかく自分がもっと豊かになれるのが「幸せ」と思える状態の人もいる。
自分のレベルで、まず一歩成長を、でいいと思う。

*ウォルト・ディズニーは、やはり純粋に子供達への夢の世界を創っていたのではないかな。

*イエス(または弟の一人が身代わり)は十字架上で刺されきっていなく死なないで済んでいたという説。
スサノオ(スサの王)の子供のニギハヤヒが本当は天皇に?持統天皇(女)のしわざで巫女(女)のアマテラスを無理やり立てた?
サルタヒコはイエスだったかもしれない。伊勢神宮に祭られている。天照大神、サルタヒコ、、、
イスラエル、、、伊勢ラエル、、、伊勢を称えよ
*アマテラスなども称号であり複数この名にあてはなる人がいた?

*やはり神々、大元の神も、成長途上であったといわざるをえない。完全完璧ではない、、、しかし完全完璧な存在も永遠に成長していくともいえ、そうなると完全完璧な存在とも言える。
デヴィッド・ホーキンズ博士も、人間は完全完璧、完結しているなどの表現をしている。

*出雲(昔は八雲)、、、雲に乗って、、、のくだりに関係あるかもしれない。出雲の人、出雲の血統の人、、、

*日本は世界の雛形として、初めの国、淡路島はイタリアあたりか
ルネッサンスーギリシャの文芸復興ーハプスブルク家、メディチ家とか- 日本の縄文文明の始まりを知り、それを復興したかったのか、それともそれをおいてヨーロッパをトップに復興させたかったのか?

*言霊-み言葉-メシヤ- イエス- 申す、申(さる)、、、口と十、、、十字架? 見ザル言わザル聞かザル
*かごめ歌、籠目、鳥居または十の理(十戒)、鶴亀滑った(会った)、後ろの正面にあるもの(所)。

*真実の歴史は、神々は一生懸命だったのだろうが、最初から戦いが多すぎる、複雑な肉体関係も多すぎる、神の成長とも取れるが、単純にいうと「ちょっといい加減にしてよ」と言いたくなる状況が多い。こういうと神々が怒るかもしれないが。

*釈迦は呪文などするな、とおっしゃったそうだが、竹下一族にしても真実を伝え続ける立派な使命を担ってはいるが、呪文のようなものは受け継いでいる。

*真実の歴史をつかむということと、人格を形成する人生の目的,というものは、やはり別であると言えそうだ。
*身体や家はお宮だ。お宮をきれいにすべし。
*音楽、絵楽(かいがく・えがく)は、神と神の子である人へ捧げるもの、として行なおう。

*日本人がシュメールへ向かい、またもどってきた。
*大洪水審判ーそれは日本人の進めたものが結局失敗(人の罪を増やした)という事で審判を受けたことになる?
日本人は選民であり、失敗もした民。(ユダヤ人の話は、日本人の話?)
虐げられた、、、確かに悪者になっていた時期がある。しかし良い事もしたが、多くが隠されてもいる。
*韓国、文鮮明氏が伝えた原理こう論は、韓国人がその後の選民であると。しかしそれは悪(妬みを持った)の選民の象徴か←あくまでも人類復帰摂理上の立ち位置としての大事な役付け)
悪の選民から預言者、文鮮明が出た?文氏は全て?知りあえて悪者役をかってでたのでは?

*善がどっちで悪がどっちと言うのではなく、もはやどこにでも両方がいる。悪側立場の中にも善が、善側立場の中にも悪が。
*人間一人ひとりは神の子孫であり、子神はいつも成長途上!


*愛の減少を感ずる者は常にいた。その意識粒子との揉み合いの歴史。
だから、一人ひとりが世をよくすることができる

*今までの情、細胞の癖があるので、至福を感じてもその後で現実を見て気落ちするのは、普通のことだ。
それをシンプルに受け止め、少しづつ良くしようと進めばよいことだ。

*かごめ歌、鶴亀ー大和と出雲?、伊勢、出雲、- イエスと妻?アマテラスとニギハヤヒ? 赦し?
アマテラスとイエス(サルタヒコが同じ所に祭られている) イエスとユダヤの事があからさまに?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


(これは、瞑想、又多くの先生方のお話を



まとめて、勝手につなげて想像した、



ハナブキのひとりごとです☆)


~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。
~~~~~~~~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

高校生から大学生や社会人になる頃、世の中のことが少し

わかってきた大人になったんだと背伸びする頃、政治や思想など、

最初に見聞きしたものが妙にスポンとはっいてしまうことがある。

良い時は良いが…。

高校を卒業する頃の子どもは、情緒不安定だ。これから独り立ち、

という嬉しさと不安。 

しっかりしなきゃという思い、何らかの武装が必要という思い…。

ピュアでスポンと入りやすいので注意したほうがいい。

でも親がうるさく口出ししすぎるのは逆効果のようだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

☆ご挨拶☆
こんにちは、ハナブキと申します!自然体で創作活動するキラキラオバサンです☆アメリカ生活で家族と魂の修行をテチテチしてます。最近の生活は、主婦業、執筆業、日本語学校の仕事、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、作画、走り歩き、バレーボール(今の所トスとレシーブだけ)を意識してやっています。他に趣味は、クラシックバレエ(を見る)、地球星の初期や超古代を探る事、身体の未知の部分を探る事、美容ですかね。ブログは中断していたんですが、もっと楽しいものを書けるようにガンバリマスね!
カテゴリ
Latest journals
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
40+∞才 1夫の妻 3児の母 アメリカ・カリフォルニア在住
 無(の近く)から出る愛を尊重し生活修行する地球人。創作活動をし続ける。子供の育成もサクサク楽しんでいる。

Link
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog