FC2ブログ

ハナブキの 宇宙の物語 53.雲に乗って降りてくる―1つは出雲 PART2


北海道おうえん割引!
旅して北海道をおうえん!という日本旅行社の広告があったので貼りますね(^^)
私も北海道には縁があるので、できることでサポートします


<

では久々の記事更新です~。
いつもながら、ハナブキの独り言、メモ帳的なので、読みにくいかもしれませんがお許しください。閃いた事を直ぐわすれない為にも、書き始めたら書きまくってしまいます^^;

いつものように、記事は、ずっと下へスクロールするとありま~す




6/2017で初期の物語を振り返ると、話はかなり進化していってるので、初期の話は大分修正が必要と思ってマス(^^)/

ハナブキの 宇宙の物語1.現れる
ハナブキの 宇宙の物語2.記憶
ハナブキの 宇宙の物語3.古代の神々
ハナブキの 宇宙の物語4.成長
ハナブキの 宇宙の物語5.姿
ハナブキの 宇宙の物語6.手探り
ハナブキの 宇宙の物語7.未来
ハナブキの 宇宙の物語8.三年一昔
ハナブキの 宇宙の物語9.中保
ハナブキの 宇宙の物語10.時と道
ハナブキの 宇宙の物語11.他界先
ハナブキの 宇宙の物語12.輪廻
ハナブキの 宇宙の物語13.約束
ハナブキの 宇宙の物語14.選択
ハナブキの 宇宙の物語15.習性
ハナブキの 宇宙の物語16.愛の搭
ハナブキの 宇宙の物語17.劣等感
ハナブキの 宇宙の物語18.責任域
ハナブキの 宇宙の物語19.サタン
ハナブキの 宇宙の物語20.洗脳
ハナブキの 宇宙の物語21.繁殖
ハナブキの 宇宙の物語22.離婚
ハナブキの 宇宙の物語23.堕落性 
ハナブキの 宇宙の物語24.波動
ハナブキの 宇宙の物語25.希望の実態
ハナブキの 宇宙の物語26.夜が明けた
ハナブキの 宇宙の物語27.我知らず真理に沿って生きている人
ハナブキの 宇宙の物語28.脳-1 神が自分から去って行ったような感覚、恐怖感、そして嫉妬心へ
ハナブキの 宇宙の物語29.脳ー2 中間の上空にメシヤがいる
ハナブキの 宇宙の物語30.脳ー3 まだ使いこなせないフローチャート
ハナブキの 宇宙の物語31.イマジナル・ワールド(イマジネーションの意ではない)
ハナブキの 宇宙の物語32.イマジナル・ワールド(イマジネーションの意ではない)と超古代
ハナブキの 宇宙の物語33.イマジナル・ワールド(イマジネーションの意ではない)とバレエの由来
ハナブキの 宇宙の物語34.ルネサンスとは
ハナブキの 宇宙の物語35.ルネサンスとは―2
ハナブキの 宇宙の物語 無番.勘違いの酒の使用法、そしてドラッグ、毒キノコ、不自然なセックス
ハナブキの 宇宙の物語36.夜の神様と 昼の神様
ハナブキの 宇宙の物語37.歴史と脳
ハナブキの 宇宙の物語38.なぜ悪が現れたか
ハナブキの 宇宙の物語39.けして満足感が得られない人
ハナブキの 宇宙の物語40.健全なる欲
ハナブキの 宇宙の物語 無番.混合・雑学メモ
ハナブキの 宇宙の物語41.イエスは”真中間”を進んでいた
ハナブキの 宇宙の物語42.これからメシヤが出現するなら
ハナブキの 宇宙の物語43.イエスは真中間を進んでいた -2
ハナブキの 宇宙の物語44.イエスは真中間を進んでいた -3
ハナブキの 宇宙の物語 45.雲に乗って降りてくる―1つは出雲
ハナブキの 宇宙の物語 46.血をひいている
ハナブキの 宇宙の物語 47.ダヴィンチは見てきた
ハナブキの 宇宙の物語 48.天鈿女命(アメノウズメノミコト)の踊りとは-1.
ハナブキの 宇宙の物語 49.天鈿女命(アメノウズメノミコト)の踊りとは-2.
ハナブキの 宇宙の物語 50.本当の「父と子と聖霊」?
ハナブキの 宇宙の物語 51.救いの偽メシヤ
ハナブキの 宇宙の物語 52.天鈿女命(アメノウズメノミコト)の踊りとは-3.


ハナブキの 宇宙の物語 番外編1.光線と稲妻
ハナブキの 宇宙の物語 番外編2.先輩と後輩
ハナブキの 宇宙の物語 番外編3.土星のジュース説
ハナブキの 宇宙の物語 番外編4.男と女って?
ハナブキの 宇宙の物語 番外編5.賭けをやろうぜ
漫画タッチで ワットとビブレの出会い
ハナブキの 宇宙の物語 番外編6.デカイわ
(↓番外編6.から続いています)
はじめに笑みありき!1.見当がついたのさ
はじめに笑みありき!2.ニガショッパー
はじめに笑みありき!3.何かがシュンッと
はじめに笑みありき!4.コノシマツ
はじめに笑みありき!5.吸いながら見下ろすので
はじめに笑みありき!6.お捧げ
はじめに笑みありき!7.ビブレ、違うぞ
はじめに笑みありき!8.なんで?誰?
(またそのうち続きます^^)

 
amenouzumenomikoto




ハナブキの 宇宙の物語 53.雲に乗って降りてくる―1つは出雲 PART2



”見よ、人の子が、雲に乗って降りてくる”


漢字から見てみます。


聖書の聖句をなぜ日本の漢字で?と思うでしょうが、聖書はまず日本語で書かれたという説があるのです。


突拍子も無い話ですよねー^^


さらに言えば、中国から漢字が着たのではなくその逆で、日本が元々向こうに教えた、日本には当時まだ文字がなかったというのは間違いで、神代文字他、超古代から文字はあったんです、、、という事らしいです。


まあとにかくここでは、笑い話くらいに読んで下さいね^^


神話もそうですが、聖句も、一つの聖句に対し2個から5,6個くらいの意味を持つ場合が多々あると、つくづく思うわけです。




人の子= ①仔?(子、’耐える’という意味を持つ漢字ということになっているが)耐えた子

②真の人間

③現人神、神が人の体を持った存在、イエス




=①文字通り雲に持って空から降りてくるように。。。UFO的に?。。。地球内部にある他次元存在のアルザル、又は太陽から来る?

②クラウド。。cloud(雲)...crowd(人々)。。。普通の人々の様にまぎれて来る(英語だが、理由はここでは省く)

③地から蒸発して綺麗になった水(蒸気)。。。神を信じる人々、ある宗派?の信者に守られながら来る

④一人ひとりの閃き(天の門に立つ人)として降りてくる(その人の心に)/ヨハネの黙示録でなくダニエル記だったかにあるように、人が朝方ぼーっとしている時、盗人のように来る...経験した人ならお分かりのように、こういう時や瞑想時によく閃きが降りて来る)

⑤雲=雨・云う=御言葉、御言葉を語る人(で愛を伴った人)、預言者(で愛を伴った人)、”意識レベル”の高い人に降りてくる、天国言葉(言霊)を云っている人に降りてくる

⑥前回書いたように、出雲の血統、物部(古い天皇家)...新天皇(浩宮皇太子が天皇に即位した後?)
※物部氏系も秦氏系も、繫がっている




降りて来る=①地上に現れる

②霊的にサポートする

③もっとはっきり神(天御中主神又はイエスの霊)が降りて来る
(雲、で書いたように、その立場の人に”降りる”



等のような意味合いが考えられます(^^)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(これは、瞑想、又多くの先生方のお話を



まとめて、勝手につなげて想像した、



ハナブキのひとりごとです☆)


~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。

~~~~~~~~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

高校生から大学生や社会人になる頃、世の中のことが少し

わかってきた大人になったんだと背伸びする頃、政治や思想など、

最初に見聞きしたものが妙にスポンとはっいてしまうことがある。

良い時は良いが…。

高校を卒業する頃の子どもは、情緒不安定だ。これから独り立ち、

という嬉しさと不安。 

しっかりしなきゃという思い、何らかの武装が必要という思い…。

ピュアでスポンと入りやすいので注意したほうがいい。

でも親がうるさく口出ししすぎるのは逆効果のようだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

☆ご挨拶☆
こんにちは、ハナブキと申します!自然体で創作活動するキラキラオバサンです☆アメリカ生活で家族と魂の修行をテチテチしてます。最近の生活は、主婦業、執筆業、日本語学校の仕事、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、作画、走り歩き、バレーボール(今の所トスとレシーブだけ)を意識してやっています。他に趣味は、クラシックバレエ(を見る)、地球星の初期や超古代を探る事、身体の未知の部分を探る事、美容ですかね。ブログは中断していたんですが、もっと楽しいものを書けるようにガンバリマスね!
カテゴリ
広告エリア
*資格講座の授業をそのまま自宅に配信************************ *キャッシュバック賃貸 ************** *激安名刺印刷ならラクスル|100枚500円~********************** *お名前.com
Latest journals
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
40+∞才 1夫の妻 3児の母 アメリカ・カリフォルニア在住
 無(の近く)から出る愛を尊重し生活修行する地球人。創作活動をし続ける。子供の育成もサクサク楽しんでいる。

Link
安心な海外旅行ツアー選び
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog