FC2ブログ

ハナブキの 宇宙の物語 62.宗教人は弱くないはず


      
過去記事   今までの「ハナブキのひとりごとの物語」に入っている3つの中カテゴリを、一つのURLにまとめています↓↓

ハナブキの宇宙の物語/番外編/はじめに笑みありき!


「救いの偽メシヤ」
ハナブキの 宇宙の物語 51.救いの偽メシヤーPART1
ハナブキの 宇宙の物語 55.救いの偽メシヤ-PART2
ハナブキの 宇宙の物語 59.救いの偽メシヤ-PART3
ハナブキの 宇宙の物語 60.救いの偽メシヤ-PART4

ハナブキの 宇宙の物語 61.深刻な人には善霊が働きにくい


 
hikari-no-ko-3




「ハナブキの 宇宙の物語 62.宗教人は弱くないはず」




数年前、ある知人と、ひょんな事から、こんな会話をしたことがあった。



知人は、宗教的なことやオカルトチック(※カルトではない)には



全く関心が無いそうだ。



「宗教人ってなぜ宗教に参加したがるのか分からない」



と言っていた。



で、あえて何故だと思うか尋ねると、



*「弱い人だから?」



*「悩みや苦労が多くて、慰めてくれる場に行きたいから?」



*「道徳的な事が分かっていないから?」



という返事が来た。



そして、自分は宗教に関心は全くないと。



なぜなら、



*「自分は弱い人間じゃないから」



*「悩みや苦労は大して無いし、もしあっても、自力で乗り越えるから」



*「道徳的な事は一応分かっているから」



と言っていた。―――





私は、どの宗教(宗派)が最も正しいとかは考えていない。



しいて言えば、他力本願と自力本願の中間が良いとおもっている。



人間は、自力過ぎると傲慢になったり、自我が強くなったりしやすい。



でも他力過ぎると、素晴らしい方に依存しすぎたり、頼り癖がついたり、



気がつけば、信仰を持つ前よりも弱くなっていたりする。



また、日本人は特に、”謙虚”から”弱く”なる人がいる。



謙虚は、弱いのとは全く違う。



又、健全な欲は良いのに、無我になれないと罪悪感を持つ人がいる。



それでまた弱くなるのだ。





目上を尊敬、尊重するのはとってもすばらしいし、そうするべきだと思うけれど、



言う事を聞きすぎたり、



相手が機嫌を悪くしていると、変に機嫌をとってしまったり。



振り回されて、自分の中に臨在する神をおろそかにしかねない。





宗教人はある程度強くないと、一つの宗教を信じ続けていられない。



弱い人が宗教にすがりたがる、というのは違う。



でも、さっきの人が、「弱い人が宗教に入るんでしょう?」と思ってしまうのも、



残念ながら、無理もない。




日本人は、見えない神や高い霊的存在を大事していくにつれ、



神経質に考えすぎるのか、



「ああ、これをやったら罰が当たるかもしれない」



「これをやらなかったら、サタンの侵入を許してしまう事になるかもしれない」



などなど、



本当は尊い教えによって、元気に強く明るくエネルギーを受けて、



愛に満ちて生活していくはずが、



弱くなったり、しょぼくダサくなったり、ビクビクしたり、



自家発電の力が衰えてきてしまうのだ。



それこそが ”サタンの侵入を許してしまう”のではないか。





又、自分の為にも家族のためにも、そして世の中のためにもと、



理想を求めるがゆえに、霊的な恵を受ける欲張り



それがいつしか”我が強い人”となってしまうこともある。



多々ある。





そして更に、これが問題だ、、、



長く信じて来たものに、ちょっと影を感じたとき、



人の脳とは、自分で自分に、



いや本当は、脳が脳に、



「あ、いやいや、心配しなくていい。不信する必要はない。



これが正しいに決まっているから大丈夫。。。」



と、疑問をかき消してしまう作用があるというのだ。



又、他者が、自分が信じていたことと異なる突拍子も無い事を言うと、



取り乱して、必要以上に相手を攻撃的に否定する、



こういう事が多々あるのだ。



あの人格的な人が?!どうしたんだ?? 



あんな清く優しい信者が、何であんなに相手をやっつけるように?



という場面を何度も見た。



それは脳の作用のようだ。



防衛本能、的なものだろう。




自分で自分の脳を洗脳している、これは言ってみれば



人間には誰でもある、普通と言えば普通の作用なのだ。



だからと言って、それが良いわけではない。



自信がない表れだ。



”自信がない”というのはある意味、素晴らしい事ともいえるが、



(”自我信” が少ないという事で、神や善霊が働きやすい)



さっきのケースは、



自信が無い→ でも変なプライドはある→



防衛本能もある→ 虚勢を張り攻撃的になるケースだ。





脳がその持ち主を翻弄してしまう。



宗教人じゃなくても、そういう脳の作用は同じ。



でも宗教人はとくに精神修行(色んな形で)を大事にしているはずだから、



脳の優れた部分と、動物的な(爬虫類的な?)部分を、



落ち着いて分析し、宗教全く興味なしのタイプの人に、



良きアドバイスをしてくれるように、



笑顔で輝いて、謙虚で、堂々としてほしい。





自分が信じているものが最高のもので、



それを知った自分は特別だ、等と思うのは、



自信が無いうえに、世の中を恨みがましく見ていた人に多い。



そういう人ほど、既成概念が揺さぶられた時には、



脳は余計に錯乱し、



オーナーを翻弄するのだ。





宗教人は、閉鎖的にならずに、もっと明るく、軽く、



世間にオープンで楽しくし、



地域の人と一緒に地域の事に貢献すると良いと思う。



本当に、その宗教の中で貴重な学習をしているのだから。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


(これは、瞑想、又多くの先生方のお話を



まとめて、勝手につなげて想像した、



ハナブキのひとりごとです☆)


~~~~
歴史の真実がどうあれ、今の私達がするべき事は

変わりません。楽しく幸せに生きながら魂レベルを

あげること。笑顔で天国側の言葉を使い、

周りの人に親切にすること。

~~~~~~~~


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村



ランキングしています!応援のクリック頂けると励みになります☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

高校生から大学生や社会人になる頃、世の中のことが少し

わかってきた大人になったんだと背伸びする頃、政治や思想など、

最初に見聞きしたものが妙にスポンとはっいてしまうことがある。

良い時は良いが…。

高校を卒業する頃の子どもは、情緒不安定だ。これから独り立ち、

という嬉しさと不安。 

しっかりしなきゃという思い、何らかの武装が必要という思い…。

ピュアでスポンと入りやすいので注意したほうがいい。

でも親がうるさく口出ししすぎるのは逆効果のようだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

☆ご挨拶☆
こんにちは、ハナブキと申します!自然体で創作活動するキラキラオバサンです☆アメリカ生活で家族と魂の修行をテチテチしてます。最近の生活は、主婦業、執筆業、日本語学校の仕事、指圧の仕事をしながら、言霊、英語、作画、走り歩き、バレーボール(今の所トスとレシーブだけ)を意識してやっています。他に趣味は、クラシックバレエ(を見る)、地球星の初期や超古代を探る事、身体の未知の部分を探る事、美容ですかね。ブログは中断していたんですが、もっと楽しいものを書けるようにガンバリマスね!
カテゴリ
広告エリア
*資格講座の授業をそのまま自宅に配信************************ *キャッシュバック賃貸 ************** *激安名刺印刷ならラクスル|100枚500円~********************** *お名前.com
Latest journals
Profile

ハナブキ

Author:ハナブキ
40+∞才 1夫の妻 3児の母 アメリカ・カリフォルニア在住
 無(の近く)から出る愛を尊重し生活修行する地球人。創作活動をし続ける。子供の育成もサクサク楽しんでいる。

Link
安心な海外旅行ツアー選び
Powered by FC2 BLOG

Let's start blogging!!

Powered by FC2 Blog